STORYムレスナティーのお話

ムレスナで扱っている
紅茶の話

アンスレム氏の経歴

1969年 18歳の頃、Brooke Bond(現:リプトンブルックボンド)のティーテスターとして雇われました。
1979年 半年でティーディレクターに昇進。
1983年 ショーウォレスでティーマネージャーに。
1985年 創業時16名からMlesna設立。社名は名前Anselmの鏡像です。
コロンボのLiberty Plazaに最初の店舗をオープン。
(現在、同社は全国に16の店舗を有しています)
このコンセプトは、ロシア、日本、台湾、オーストラリア、ギリシャ、インドの店舗で拡大。
アンスレム氏
受賞歴
大統領賞受賞者、1986-1995年、合計14の賞と2つのメリット証明書を取得。
全国輸出賞受賞者、1992年-1999年、合計7つの金賞、2つの銀賞、2つの青銅賞を受賞。
ランクア・スター・ナショナル・パッケージング・アワードの優秀賞。
(Packaging in Excellence for Packaging 1986-2002)合計16の賞と6つのメリット証明書を取得。
アジアスター・ アジアンパッケージ賞受賞者1990-2003、合計15賞。
ワールドスター・インターナショナルアワード受賞者、1990-1993 年、合計7つの賞を受賞。

オゾンプロダクト

環境立国を目指すスリランカでは、茶葉の栽培に関する農薬の使用が厳しく制限されています。農薬の使用量に応じた認証制度は従来から存在していましたが、近年、地球環境への配慮をさらに高めた「OZONE FRIENDLY」認証制度が確立されました。これは、殺虫剤や化学肥料を一切使わない伝統的な栽培方法を行う茶園のみが認証され、最高品質のセイロンティーの証となっています。

ムレスナもいち早くこの認証を取得し、全製品にオゾンプロダクトマークを入れて品質保証をしています。環境に配慮した茶葉はもちろん、人体にとっても優しいのでお客さんの事を考えれば当然です。

利益だけを追求すれば、効率の良い売り方はいくらでもあります。たとえば農薬をたっぷり使った安い茶葉に高級茶葉をほんのりブレンドして、ブレンド茶として流通させちゃうとかね。残念ながら今でもそうした茶葉はたくさん販売されています。でも、そんな商売では誰も幸せにならないですよね。正直に作られた茶葉は正しく売らないと茶園で額に汗して働くティーワーカーたちに顔向けできませんよ。

お茶作りに関わる人々

スリランカ全土には、約1万2千以上もの茶園があります。よく、「茶園から直接買い付け」という宣伝文句を目にしますが、外国人がわずかな滞在で最良の茶園を見つけるなんて不可能ですよ。それは何十年と茶園を歩き、ティーワーカーの作業ぶりにまで精通したアンスレムたちプロの仕事。彼らはそうして本当に良い茶葉を厳選しているのです。

本来、茶葉は国営のオークションを通じて取引されています。ムレスナも含めた大手約5社が運営に関わるこのオークションでは、茶葉の安全性や品質管理が激しく行われているので、安心です。

同じ茶園の茶葉でも、年度や収穫時期によって風味が異なります。ムレスナのようなティーカンパニーはオークションで買い付けた茶葉を全てティーテイスターがテイスティングして、ブレンドしいつ出荷しても同じ「ムレスナの味」へと調整するのです。それは神業ですよ。
スリランカを代表するティーカンパニーになった今も、ムレスナは自社茶園をもっていません。茶園を栽培するのはティーワーカー、それを最高の紅茶に調整するのが、ビッグティーテイスターなのです。

プラッカーの今と昔

プラッカーとは茶摘みをする人の事。
安い茶葉が大量に出回るようになり、低賃金でたくさん働くプラッカーがほとんどでした。

ただ、それでは誰も幸せにならない、と現SLTFOA(スリランカティーファクトリーオーナー協会)は理事であるアニルアルワスの指導の元、良質な茶葉を摘んできたプラッカーには、高い賃金を支払うことで、プラッカーの生活の向上と良質な茶葉の生産を呼びかけ、茶産業の促進と保護に努めています。

紅茶産業の発展のために

ムレスナティーの創始者アンスレム氏が理事を務めるCTTA(コロンボティートレーダー協会)ではスリランカの良質な茶葉だけを海外へ輸出するように管理しています。SLTFOAに加盟する優良な茶園で生産された紅茶を適正価格で輸出できるように管理しています。

こういった様々な方の仕事によって最高級の紅茶が私たちの元に届くのです。
優秀なプラッカー・知識や経験の豊富なティーオーナー・ティーブローカー・ティーメーカーがあってこそのムレスナティーです。

ARTofTEA
LIVING with TEA 参照

ARTofTEA
LIVING with TEA 参照